妊娠したら葉酸!マカは妊活!ってどういうこと?

妊娠がわかったら何より先に葉酸を摂取するようにと言われるのですが、それというのも、葉酸が、胎児の健やかな成長に働きかけると言われているからです。

当たり前ですが、妊娠中だけでなく、妊活中の女性にも同じことが言えますよね。妊娠発覚後から葉酸を摂り始めるよりも、適した母体で赤ちゃんを授かることが出来るように、妊活中を始めた早めの段階で、食事やサプリによる葉酸の積極的な摂取をするのが良いでしょう。金銭的負担が大きい不妊治療ですが、精神的な疲労も相当なものです。

 

居住地の公的な助成金制度も活用できますが、一定の年齢(40歳程度)を超えると支給回数が減ることが一般的に行われているようです。

 

40歳以上でママになっている人もいるのだし、治療回数も増え、助成も必要なのではないでしょうか。実は私自身もすでにアラフォーですので、色々なものに追い詰められているようで、疲れきっています。

妊娠における体の変化や胎児の健やかな発育をサポートする栄養素として、最近では「葉酸」の持つ働きに注目が集まっています。ビタミンB群に属する葉酸は水溶性で、適切な量をきちんと摂取することで、葉酸の摂取不足の場合に対して、胎児が神経系障害を発症するリスクが下げられたというデータがあるのです。厚生労働省によると、一日0.4mgを摂るように通知が出されています。
胎児が健康的に成長するためにも、妊娠している女性はもちろんですが、今妊娠を希望されている方であっても、積極的に摂取した方が良いでしょう。

 

妊活の時に、産み分けの本を偶然本屋さんで見つけ、購入しました。一人目に男の子を産んでいたので、次は出来たら女の子が良いなあ、と思っていました。

葉酸はビタミンの一種で、胎児の細胞分裂を促す効果があります。

そのため、妊娠初期に十分な葉酸を摂取できない場合は、赤ちゃんが、先天的な障害(神経管閉鎖障害など)を発症する危険性があります。こうした事を踏まえ、妊娠する前から妊娠3か月までの期間は、日常的な食事以外に、1日400μg(0.4mg)を目標に、葉酸の摂取を心がけてください。葉酸もマカも妊活サプリでおすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です